ゼミナール21ソクラ住吉校

お知らせ・最新情報

反対の視点をもつと、アイデアが生まれる

投稿日:2015年1月9日/ カテゴリ:塾長日記

ゼミナール21ソクラ大橋校住吉校 メールマガジン

 

■□■ 『学び』は人生のたからもの ■□■

~  VOL.124 ~

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2015/1/9 ━

 

 

 

━━ MENU ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  1. 【塾長コラム】  反対の視点をもつと、アイデアが生まれる
  2. 【お知らせ】

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1 ┃【塾長コラム】 反対の視点をもつと、アイデアが生まれる

━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

新しい年も1週間が過ぎ、

冬休みも終わりました。

 

私は意外と

「正月休みボケ」にはなっておらず、

疲れも溜まらずに授業をしています。

 

しかし、

受験が本格的にスタートしたので、

最後の仕上げ(対策)が待っています。

 

受験生の皆さん、

もうしばらくの辛抱です。

やるべきことをしっかりやりましょう。

 

*・。・*。 *・。・*。 *・。・*。 *・。・*。

 

今日は、

授業や勉強の仕方というよりも、

「物事の進め方」について

私流の考え方をお話ししたいと思います。

よろしければお読みください。

 

何かを始めるときに、

「計画」を立てますよね。

いろいろ頭を悩ませながら考えます。

 

苦労の末、出来上がった「計画」は

自分なりに「いい出来だ」と思いがちです。

 

具体例を挙げると、

「チラシ作り」です。

悩みながら苦労して出来上がったチラシ案は

自分にとって、「いい出来だ」と思ってしまいます。

 

でも、それは「私の立場」からみた出来であって、

お客様の意見はなかなか反映していません。

 

即ち、

「反対の視点」を持つことが必要です。

 

先ほどのチラシの件で考えると、

一度出来上がったチラシデザインを

「捨てる」ことが必要です。

 

「このチラシは読まれないだろうな。

もし読まれないとすれば、

他に知りたい情報って何だろうか。」

 

…のような「反対の視点」を持てば、

思考や視野が広がります。

 

現代社会で生きている我々は

必ず「固定概念」を持っています。

それがいつの間にか「思い込み」に繋がり、

新しい発想が生まれないのです。

 

とは言っても、

考えに考えた挙句の結論ですから、

新しいアイデアは出にくいものです。

 

そんな時こそ、「読書」です。

もちろん、小説などではなく、

専門誌であったり、自己啓発本などです。

 

この手の本が書店に数多くあります。

私もアイデアが出てこないときは、

書店に行き、何気に本の題名を見たり、

良さそうなものがあったら

パラパラと目次を見ています。

 

そうすると、

発想の転換がスムーズにいくこともありますし、

自分の考えは間違っていなかったんだと

確認することができます。

 

このようにして、

私の場合は仕事を進めていきます。

いかがでしたか?

WEBサイトからのお問い合わせや無料体験授業のお申込み
お問い合わせフォーム
受付時間:月~土曜(15:00~21:00)電話でのお問い合わせ
0985-39-0534